グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2010年09月17日

社会人向けの寺子屋にしたい

今日は、毎月第3金曜日に開催している「社長塾」。


「戦略社長塾」という名前でスタートしたけど、
今ではちょっと中身と名前が合わなくなってきました。


理由は、表ブログをご覧いただけると幸いです。
「社長塾への思い(もしくは思い込み?)」
http://ameblo.jp/ozawamasato1970/entry-10650942332.html


今後は、別に経営者に限らず、
一社会人としてご参加いただけるような場にしたいと思っています。


今日は、表ブログの記事にもある
林田先生の『真説「陽明学」入門』の一部をテーマにディスカッション予定。




では、行ってきます!  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 17:50Comments(0)セミナー・講演会

2010年08月16日

社長塾(仮)をヴァージョンアップします

自分が地元で経営をサポートする仕事をさせて頂いてる理由の一つは、
別のところで書いたかもしれませんが、
経営者が世の中を良くする存在だと思っているからだ。


経営者が変われば、会社が変わって、
そこで働いている人も変わって、
地域も変わって、世の中が良くなる。


まあ、そんなに単純ではないだろうけど、
こういうことに人生をかけたいと思っているのは、
教育がライフワークだと決めたから。


豊かさ、と言った時、
そこには「心」と「物」の豊かさがあると言われる。


「衣食足りて礼節を知る。」という言葉もあるが、
衣食が足りるまで礼節を知らなくてもいい、
という話ではないだろう。


今まで、毎月第3金曜日に開催していた社長塾では、
主にランチェスター戦略をはじめとした戦略について勉強してきた。


しかし、これではやりたいことからすると片手落ちだった。
何のために戦略を勉強するのか。


会社を良くするためだ。
じゃあ、何のために会社を良くするんだ?


竹田先生は「願望、熱意、向上心」のウェイトを53%としているが、
なんで熱意が出て来るかと言えば、
結局、志みたいなところから出てくるんじゃないか。


そういう心を耕す部分も含め、
たくさんの人に新しい自分に出会う機会を作りたい。


ということで、今週末の社長塾から多少方向性を変えさせて下さい。
もちろん、ランチェスターの勉強は続けますので、ご安心を。


参加者がインプットもアウトプットもできる、
皆が主役の勉強会にしていきましょう!  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 20:36Comments(0)セミナー・講演会

2010年07月29日

明日、たまごホールでお会いしましょう!

高崎TALK FESTIVAL、いよいよ明日です。


田中真澄先生の本をぺらぺらとめくってみて、
ますます楽しみなりました。


「自助の精神と互助の精神は手の裏表」(田中真澄)


たまたま自分の好きな言葉があった。


明日、たまごホールでお会いしましょう!  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 23:22Comments(0)セミナー・講演会

2010年07月28日

小沢健二と高崎TALK FESTIVAL?

「小沢健二が復活した。」
という話を聞いても何とも思わない方は多いと思うが、
自分はおおいにときめいた。


(ここから先は専門用語多し。)


多感な20歳前後をフリッパーズギター一色で過ごし、
ライブチケットを取ったら解散しやがってこのやろうと思ったら、
小沢健二ソロデビュー。


フリッパーズギターで彼はギター&ハーモニー担当だったので、
歌っている彼に違和感もあった。


しかし、それ以上に驚いたのは、
あれだけ極彩色の世界から、削るものを削いだ裸の小沢健二に、だ。


そんな訳でデビューアルバム、
『犬は吠えるがキャラバンは進む』は鮮烈だった。


今でも、心のベストテン第一位かどうかはわからんが、
かなり上位であることは間違いない。


アルバムの最終曲は「ローラースケートパーク」。


ローラースケート・パーク 小沢健二 歌詞情報 - goo 音楽



ありとあらゆる種類の言葉を知ってはいないが、
大人になって器用にこなすことを覚えて、
何もできなくなるということはあるとおおいに思う。


本当は器用でも何でもないのにさ。


あの時の小沢健二から受け取ったものが、
およそ20年後にようやく理解できてきた気がする。


そして、今年、小沢健二、復活。
ライブには行けなかったけど、嬉しい。


そんな年に、高崎TALK FESTIVALに携わり、
オザケンをはじめとした音楽から受け取ったものを形にしている。
そんな風に思いつつ、当日に向けて準備してます。


今日も、表ブログにも連動ネタを書きました。
『高崎市ではたらく税理士の「一隅を照らせ!!!」』
決して消えない何か


  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 23:20Comments(0)セミナー・講演会

2010年07月27日

高崎TALK FESTIVAL

「高崎TALK FESTIVAL」
という暑い夏をより熱くするイベントが、
7月30日に高崎で開催されます。


僕もスタッフとして準備に取り組んでいます。


以前も書きましたが、
情熱や熱意が人生を変えると思っています。


今回、このイベントに携わる中で、
その気持ちをさらに強くしました。


当日の講演を聴いて、
その気持ちはたぶんもっと強くなるでしょう。


一人でも多くの方に、
そんな思いを我々スタッフと共有してもらえれば嬉しいです。


イベントに対する自分の思いを表ブログに書きました。
何か伝わったら、これまた嬉しいです。


高崎市ではたらく税理士の「一隅を照らせ!!!」
「地元ではたらく税理士として」



普段は黒字化支援をモットーとする税理士として、
赤い字=赤字は使わないのですが、今日は特別(笑)。


以上、よろしくお願いします!


  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 21:43Comments(0)セミナー・講演会

2010年07月21日

「永続発展する企業の条件」

「永続発展する企業の条件」
経営理念で決まる会社の成長と発展
古典を学び「200年」企業を目指す



…というタイトルで、講演会が開催されます。


以下、私からお客様に送った推薦文。


 昨年に引き続き、TKC関東信越会の生涯研修公開講座が開催されます。
今年は、私が勉強させて頂いている「古典学習陶冶会」を主宰する佐々木直先生のご講演です。一年ほど前に先生のお話を伺い感動、その場で陶冶会に入会しました。
 佐々木先生は、会社の目的を「大きくすること」ではなく「永続発展」とし、そのためには経営者自ら古典に学び、人格を高めていくことが重要だと述べられています。
 自分が死んだ後も続くような会社にするためには何が必要か。そのようなことを考える良い機会になると思っています。
 佐々木先生のご著書『企業永続論 永続発展する会社の条件』もお勧めです。


参加費無料ですし、ぜひご参加ください!
(お客様以外の方は、念のため私までご一報を。)

  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 22:27Comments(0)セミナー・講演会