グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2010年04月27日

『<貧乏>のススメ』

自転車ライトは走らないと電気が点かない。自転車のライトは点くと漕ぐのが重くなる。重くなるけど明るくなる。あれが「働く」ということのイメージに近い。

『<貧乏>のススメ』(齋藤孝・ミシマ社)71頁より。





最近お気に入りのこの本について書いてみました。
宜しければご覧ください。↓

http://ameblo.jp/ozawamasato1970/  
タグ :読書名言


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 20:27Comments(0)本の話

2010年04月27日

自分の弱さの根源

俺は強くなったはずだった

強くなろうと思って―

懸命に砂をかけていたのか

 

罪を 弱さを 覆い隠すために完全無欠の強さを求めたのか


俺はここから一歩も動いちゃいなかった


俺自身を覆い隠し

誰に何も与えもせず

孤独(ひとり)

 
(『バガボンド』#73「砂遊び」より)




陽明学を勉強させて頂いて、最も衝撃的だったのは、
自分がやっていたのは、まさに「砂をかける」ことだったということ。


仕事さえ一生懸命やっていれば、見えないところはいいだろう、
という思いがどこかにあったことは否定できません。


しかし、そのことにも気づかず、
日常生活のいい加減さから目を反らし、砂をかけていました。


そして、終わることのない停滞感の中にいました。
ほんの数年前の話。


林田先生のご著書で出会った、
伝説の雀鬼、桜井章一さんの言葉です。


「日常生活がチャランポランな奴は、
どんなに麻雀修業をしても、決して強くはならない」

自分のことを言われているのではないかと錯覚するほどの衝撃で、
言葉に頬を張られたように感じました。  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 12:32Comments(2)陽明学