グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2010年04月28日

飯塚毅先生

今まで書いたことがなかったことにさえ気づきませんでしたが、
私、本業は税理士です。


きっとご存知の方の方が多いでしょうが、念のため。


最近では「もしドラ」ですっかり有名になってしまった、
天才コンサルタント、故ドラッカーさんのお言葉を借りれば、
人間が幸せであるためには社会の発展が必要で、
その役割を担っているのは国や政治ではなく「企業」だと。


そんな志を持った「企業」のサポートさせて頂く素敵な仕事だと思い、
日々、取り組んでいます。


さて、自分自身も志を持って税理士という道を歩いていますが、
当然、道に迷うこともあります。


そんな時に支えになるのが先人の言葉。
陽明学もそうですが、東洋の思想に導かれることが多いです。


東洋思想に興味を持つようになったきっかけを作って下さったのは、
日本の税理士界に偉大な功績を残された、故飯塚毅先生でした。


(つづく)  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 22:09Comments(0)東洋思想

2010年04月27日

『<貧乏>のススメ』

自転車ライトは走らないと電気が点かない。自転車のライトは点くと漕ぐのが重くなる。重くなるけど明るくなる。あれが「働く」ということのイメージに近い。

『<貧乏>のススメ』(齋藤孝・ミシマ社)71頁より。





最近お気に入りのこの本について書いてみました。
宜しければご覧ください。↓

http://ameblo.jp/ozawamasato1970/  
タグ :読書名言


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 20:27Comments(0)本の話

2010年04月27日

自分の弱さの根源

俺は強くなったはずだった

強くなろうと思って―

懸命に砂をかけていたのか

 

罪を 弱さを 覆い隠すために完全無欠の強さを求めたのか


俺はここから一歩も動いちゃいなかった


俺自身を覆い隠し

誰に何も与えもせず

孤独(ひとり)

 
(『バガボンド』#73「砂遊び」より)




陽明学を勉強させて頂いて、最も衝撃的だったのは、
自分がやっていたのは、まさに「砂をかける」ことだったということ。


仕事さえ一生懸命やっていれば、見えないところはいいだろう、
という思いがどこかにあったことは否定できません。


しかし、そのことにも気づかず、
日常生活のいい加減さから目を反らし、砂をかけていました。


そして、終わることのない停滞感の中にいました。
ほんの数年前の話。


林田先生のご著書で出会った、
伝説の雀鬼、桜井章一さんの言葉です。


「日常生活がチャランポランな奴は、
どんなに麻雀修業をしても、決して強くはならない」

自分のことを言われているのではないかと錯覚するほどの衝撃で、
言葉に頬を張られたように感じました。  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 12:32Comments(2)陽明学

2010年04月26日

陽明学のススメ

先日、自分を超えるとか言いながら、
なかなか簡単なことではないですよね。


…なんて齢四十にして、身に染みる始末。


2年前に「ここを変えるぞ。」と手帳に書いたことが、
最近、ようやく形になってきたり。


まさに「3歩進んで2歩下がる」ですよ。


そんな中で、心の支えになっているのが、
「陽明学」という学問。


ご存知ですか?


陽明学の詳しい説明は他に譲るとして、
今日は陽明学の大事なキーワードである、
「事上磨錬」という言葉のお話をさせて下さい。


これは「特別な修業をやって自分を向上させるのではなく、
日常生活や仕事の中でこそ、自分を成長させることができる」
(107頁)という意味の言葉です。

「日常生活の中で、雑ないい加減な人間にならないためにも、
雑にやらないという癖をつけて初めて、いい仕事ができるし、
修業も効果が上がるわけです。」
(76頁)


何も特別なことをしなくても、
「凡事徹底」することが重要。

まだまだですが、日々努力と工夫を続けることが大事だとのことです。


これならできるかな。

ちなみに、文中の頁はこの本からです。
  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 21:09Comments(4)陽明学

2010年04月24日

「僕の体で、僕を越えてゆく。」

今、ブログを2本書いています。

アメブロの方では主に仕事に関することを書いていて、
グンブロでは、「マインドマップ寺子屋」と言いながら、
マインドマップ的な考え方をベースに、
人となりについて気楽に書きたいと思っていますface02


どちらも根本にあるテーマがあって、
それはたぶん「自分を超えること」icon14


自分の体という制約の中でどこまで行けるか?
誰との比較でもなく。
これが人生のテーマだと思っていますface01



せっかくこの世に生を受けたのだから、
一度きりの人生、常にその先を見たい、
という願望は、きっと誰でも持っていますよね。


世の中には天才的な人はいると思いますが、
様々な人に会って、自分は心から「普通」だな、とつくづく感じます。
本当に素晴らしい人に囲まれていると感謝しています。


そして、そんな認識が重要かなと考えています。
普通でもできることをコツコツと続けた先に何があるか見てみたいです。


ちなみに、タイトルは、中村一義の「再会」という曲の歌詞からでした。




再会

「終わりだ」と言って、健康に生きている、
殺風景よ、さよなら・・・。また今度ね。

僕は今、歩いてる。雨上がり。君の家。
ゆらゆら煙がキレイだな、な、な・・・。

なんとなく気づいてる。あの先を横切った、
あの夢、この夢、見えるかな、な、な・・・。

同じ夜空に星を描いてくれ。
悪い夢、白く塗って。強く光る星で。
僕の体で、僕を超えてゆく。
でっかい楽しさって、夢。今日がその夜。

ここから南に住む友達も、今は優しさあるかな。

隣の町に落ちそうな月だね。
最終回予告なんて、僕等はとうに知ってる。
あぁ、明かりで星は伝えてる。
でっかい楽しさの数、減りはしないと・・・。
でっかい楽しさ包む、微笑であれ・・・。

消えそうだったあの歌を、僕等、今、歌いだす。
うゎ、雲、はやいな。見えるかな、な、な・・・。
  
タグ :自分らしさ


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 17:02Comments(0)マインドマップ的生活

2010年04月23日

リンゴを想像して下さい①

「リンゴを想像して下さい。」と言われたら、
頭の中に何が浮かびますか?face01


おそらく、真っ赤なリンゴ、半分に割ったリンゴなどなど、
映像をイメージしませんでしたか?

はたまた、リンゴの味(味覚)、甘酸っぱい香り(嗅覚)、
包丁を入れた時の音(聴覚)、触った時の感覚(触角)を
イメージした方もいるかもしれませんicon22


しかし、例えば、「り」「ん」「ご」の3文字や、
「A」「P」「P」「L」「E」の5文字が浮かんだ人は、
ほとんどいないと思いますface07
(いらっしゃったらごめんなさいicon10。)


これがマインドマップが脳の構造に合ったノート術
といわれる理由の一つですface02
 

イメージを使ったマインドマップの例。
久々にみたけど、結構お気に入りかも。
  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 23:09Comments(0)マインドマップ

2010年04月22日

スケジュールの見える化~焦りとおさらば!

先日書いた「不安」と同様、
我々を悩ませるのが「焦り」ではないでしょうかicon11

これもマインドマップで解決を。

焦って混乱してしまうのも、
焦りの原因が見えないからだと思いますface10

例えば、マインドマップでその日やその週の計画を書き出します。
BOI(セントラルイメージから出す1本目の枝)は、
仕事、個人、至急…みたいな分類をしてみてもいいですね!


で、一つ一つの予定がクリアできたら、
それを思い切って塗りつぶしてスッキリicon12
↓ こんな感じで。
  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 22:27Comments(0)マインドマップの使い方

2010年04月21日

アインシュタイン曰く、常識とは…

本の読み方、ノートの取り方、
子どもの頃から疑うことなく習慣化してきたことは、
それが「正解」だと思いがち。

他の方法があるとか、まず疑うこともない。
なぜなら、知らないことは存在しないことになるからicon11

僕が普段気をつけていることは、
「異物を取り入れる」ことだったりします。

年齢を重ねると、
ついつい自分の今までの行動範囲で行動してしまいがちなので。


常識とは18歳までに身につけた
偏見のコレクションのことをいう。



アインシュタインの言葉。
常識なんてそんなものらしいですface02。  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 22:05Comments(0)マインドマップ的生活

2010年04月21日

自分を味方に

おはようございますicon01
たまには朝書くのもいいですね。


さて今日は、自分を味方にする、というお話face02


インストラクターになる前は、
そんなことはもちろん考えていませんでしたが、
自分が自分の敵になってしまって、
上手くいかないことって
、意外に多いと思います。


そんなことありませんか?
僕自身、気づいていませんでした。
長年使っている割に、自分の使い方って分からないですよねicon10


マインドマップのセミナーでは、描き方をお伝えするだけでなく
「学び方を学ぶ」というトニー・ブザンの考え方をお伝えしています。


自分を味方にするということは、自分を使いこなす、
つまり、能力を出来るだけ発揮できるような状態にすること。icon12



マインドマップに限らず、
そんな話もしていきたいと思います。  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 09:36Comments(0)マインドマップ的生活

2010年04月20日

バガボンド、大好きなんです

いきなりですが、バガボンドという井上雄彦さんの漫画をご存知ですか?
吉川英治さんの小説をベースにしながら、
井上氏独自の宮本武蔵の世界を描いていますicon12

私は、この作品が大好きで、何度も読み返し、
一時期は周りにあきれられたほど…。

以前、合気道の審査を納得いくものにできず、
その際に、このシーンを思い出してセントラルイメージを描きましたicon09


(24巻#209「回り道」より)
本阿弥光悦の邸宅で、武蔵と小次郎が邂逅、
小次郎の動きを見た武蔵は、
自分が様々なものにがんじがらめになっていたことに気付き、
彼の心をこんな思いが巡ります。
 

あれは理だった

あの頃の俺は理に出会っていた

こいつを見てわかった

こいつは理の中にいる―

俺もそうだったはず

なぜ回り道をした?

なぜあのまままっすぐに来れなかった?

木も風も大地もひとつのもの そうだった

刀が教えてくれるんだった

 

耳を澄ますように ― 体を手放せ

 

回り道をしたのは何故だ?たまたまだ

たまたま勝ってきたに過ぎない

何が俺を理から遠ざけた?俺…?

遠ざけたのは俺自身


 
著者とのコラボレーションなんて言うと難しそうだけど、
本を媒介に自分の問題を可視化して、その解決にフォーカスできるのも、
マインドマップの面白さですface01


  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 22:13Comments(2)マインドマップ読書術

2010年04月19日

読書会でもマインドマップ

本日は、毎月開催している読書会でした。

アメブロでは何度も書いていますが、
このブログで書くのは初めてなので、
簡単に趣旨を説明しますと、
本を通じて著者と会話し、
自分の言葉で感想を述べ合う集まりですicon12


ちなみに、私以外の数人の方も、
マインドマップで読書ノートを描いて来ています。
(Kさん、このブログを発見してくれて、ありがとうございますface01。)

マインドマップは本の中に書いてあることと、
自分の体験や考えを結びつけるには最適なツール
だと思いますicon22

読書とは著者と自分との対話し、
自分の行動原理の再編成をするもの。


読書会で感想をシェアし、フィードバックを頂くと、
参加する前とは違う自分に会える気がしますface02

今日も、感想を話した後の雑談の方が長く、
でも、それによって言葉になっていなかった自分の考えがまとまったりして。

詳しい感想は、あとでアメブロに書いておきます!

 
↑ この本のマインドマップです。

    


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 23:29Comments(0)マインドマップ読書術

2010年04月18日

お化けはなぜ怖い?

さて質問です。
「お化けはなぜ怖いですか?icon16

人の数だけ答えがあるでしょうが、
「見えないから。face08というのもあるでしょう。

私も時々、理由もなく不安な時があります。
そんな時にはマインドマップを描いて、
自分の不安の種を思いつく限り速射icon09します。

不安について描いている途中で「なんだそんなことか。」
と思ったり、時には楽しくなってきたりすることもあります。

『マインドマップ超入門』という入門本
(わかりやすくてオススメですicon12)がありますが、
その裏表紙で、マインドマップを
「『思考』と『感情』の管理ツール」と定義しています。
















「感情」の管理ツール

感情に翻弄されず、自分のコントロール下に置けるのも、
マインドマップのお気に入りの使い方です。

セントラルイメージ、お化けを描いたのに、
描き終わった時には光と花が。
私の不安なんて、そんなものでしたface02


  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 22:35Comments(2)マインドマップの使い方

2010年04月17日

セントラルイメージって何を描くの?

昨日の続きですが、
マインドマップのハードルを高くしている原因のひとつは、
セントラルイメージだと思います。

つまり、真ん中に描く「イメージ」ですねface01

私も昔はそうだったのですが、
よく見かけるマインドマップ(もどき)は、
真ん中に言葉を置いて、丸などの枠で囲んだだけですicon10

残念ながら、これでは、
あなたの脳が本来持つ連想の力が制限されますicon15


「1枚の絵は千の言葉に勝る。」

セントラルイメージを描くのに時間を手間をかけるほど、
その後に広がる連想のエネルギーが高まりますicon09

だから、ウキウキできるようなものであれば、
思いつきでOKですicon12

モチベーションのセミナーの際に描いたマインドマップ。
セントラルイメージは「餅」ベーション…。



はい、お後が宜しいようでface07。   


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 11:25Comments(0)良くある質問

2010年04月16日

絵が上手くないからマインドマップは描けない?

よくある質問で、
「絵が上手くないからマインドマップは描けないでしょ?icon10
というものがあります。

答えは「NO!icon23です。

上手いはどうかは自分が判断すれば良くて、
人と比較するものではありません。
自分らしい表現ができているかが大事icon12なのです。

私自身、講座の中で、周りにいる絵が上手い人を見て、
「自分にも描けるだろうか。」と不安になっていました。
しかし、ブザン氏はマインドマップのルールさえ守れていれば、
「YES!icon14と親指を立ててニッコリface02
その笑顔に励まされました。

「絵が苦手だから。」と自分にブロックをかけている方ほど、
講座の中で伸び伸びと変化していく気がします。
そんな方にこそ、トライしてほしいですicon01

今日の1枚は、インストラクター養成講座の中で描いた作品。
今見ると、荒削りですが、解放感にあふれている気がしますicon12

  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 23:59Comments(2)良くある質問

2010年04月15日

インストラクターになる前は…。

私は2000年代初頭にマインドマップを知り、
それから自己流で書いていましたが、
「真ん中にテーマを書いて放射状に広げるノート法」
くらいにしか考えていませんでしたicon11

子どもの頃から当たり前のように使ってきた
箇条書きのノート法よりも、
情報をまとめるのに便利だし、
なんとなくカッコいいかなicon22くらいでface06(笑)。

正直言って、マインドマップの方が不自由だな、
とさえ思っていましたicon10


しかし、2006年11月、トニー・ブザン氏の
インストラクター養成講座を受けて、
マインドマップの本質に触れてしまったのですicon05

単なるノート術に終わらない
マインドマップの可能性に…face08


ちなみに、こんなマインドマップもどきを書いてました。
(今見るとまずいですね。参考にしないで下さい!)
  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 18:46Comments(8)マインドマップ

2010年04月14日

はじめまして!マインドマップ寺子屋の小澤です。

群馬県のみなさん、はじめましてface01
ブザン公認マインドマップインストラクターの小澤昌人と申します。

「ブザン公認?」「マインドマップ?」といきなり訳のわからない単語が出ましたが、
セミナー会場や最近では教育現場でも見かけるようになった、
真ん中に絵を描いて、そこから放射線状に枝が伸びていく、あのちょっと変わったノートですicon12



生まれ育ち、今も生活している群馬県にマインドマップの輪を広げたい、
マインドマッパー同志の交流の場を作りたい、
という思いで、
グンブロさんで「ぐんまマインドマップ寺子屋」を始めたいと思います。

皆さんと一緒に作り上げていきたいので、
ぜひぜひ投稿やコメントをお願いしますface02。  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 19:12Comments(4)マインドマップ