グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2010年08月31日

ついにリアル寺子屋!?

以前から開催したいと思っていた、
親子で参加する論語の素読会。


ついに10月16日(土)午前、
高崎某所にて開催決定しました!


詳細はまたお知らせしますが、
古典に触れることの意味をお伝えできればと思っています。


ご興味がある方は、ぜひご参加くださいね。  
タグ :論語寺子屋


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 21:49Comments(2)教育

2010年08月19日

「起業家の精神性」

田坂広志さんの「風の便り」第177便より
 
 
 起業家の精神性
 
 
 
 アップル・コンピュータの創業者であり、
 伝説的パソコン、マッキントッシュを開発し、
 携帯端末iPodで、音楽の世界に革命を起こした
 スティーブ・ジョブズ氏が、
 スタンフォード大学における講演で、
 次のような人生観を語っています。
 
 
  17歳の時、
  一つの言葉に、深い感銘を受けました。
 
  もし、あなたが、毎日、
  これが最後の日と思って生きるならば、
  いつかきっと、正しい道に進むだろう。
 
  この言葉を読んで以来、33年間、
  私は、毎朝、
  鏡を見つめて、自問自答しています。
 
  もし、今日が、人生最後の日だったら、
  今日やろうとしていることを、
  やりたいと思うか。
 
 
 若き日に、インドを放浪し、
 東洋思想に触れ、道を歩んできたジョブズ氏。
 
 彼の言葉を聞くとき、
 シリコンバレーの書店には、
 情報技術や起業手法に関する本の横に、
 禅や仏教、タオイズムなどの本が
 数多く積まれていることを、思い出します。
 
 そして、米国の起業家の中には、
 深い精神性を持った人々が
 数多くいることを、思い出します。
 
 
 我々が、米国の起業家から学ぶべきは、
 「起業家精神」だけではない。
 
 「起業家の精神性」なのかもしれません。
 
 

経営者がそういうものに触れる場を作ろうと思うが、
興味がある方はいるのかどうか。
まずは明日の社長塾でちょっと話します。  
タグ :東洋思想


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 21:56Comments(0)今日の哲学

2010年08月17日

再建の三大原理

「時を守り、場を清め、礼を正す」(森信三)


その先に何があるのか。
自分を超える。  
タグ :田中真澄


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 21:28Comments(0)今日の哲学

2010年08月16日

社長塾(仮)をヴァージョンアップします

自分が地元で経営をサポートする仕事をさせて頂いてる理由の一つは、
別のところで書いたかもしれませんが、
経営者が世の中を良くする存在だと思っているからだ。


経営者が変われば、会社が変わって、
そこで働いている人も変わって、
地域も変わって、世の中が良くなる。


まあ、そんなに単純ではないだろうけど、
こういうことに人生をかけたいと思っているのは、
教育がライフワークだと決めたから。


豊かさ、と言った時、
そこには「心」と「物」の豊かさがあると言われる。


「衣食足りて礼節を知る。」という言葉もあるが、
衣食が足りるまで礼節を知らなくてもいい、
という話ではないだろう。


今まで、毎月第3金曜日に開催していた社長塾では、
主にランチェスター戦略をはじめとした戦略について勉強してきた。


しかし、これではやりたいことからすると片手落ちだった。
何のために戦略を勉強するのか。


会社を良くするためだ。
じゃあ、何のために会社を良くするんだ?


竹田先生は「願望、熱意、向上心」のウェイトを53%としているが、
なんで熱意が出て来るかと言えば、
結局、志みたいなところから出てくるんじゃないか。


そういう心を耕す部分も含め、
たくさんの人に新しい自分に出会う機会を作りたい。


ということで、今週末の社長塾から多少方向性を変えさせて下さい。
もちろん、ランチェスターの勉強は続けますので、ご安心を。


参加者がインプットもアウトプットもできる、
皆が主役の勉強会にしていきましょう!  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 20:36Comments(0)セミナー・講演会

2010年08月09日

七楽の教え

「楽すれば楽が邪魔して楽ならず、楽せぬ楽がはるか楽楽」


先日、高崎TALKフェスティバルでご講演いただいた田中真澄先生によると、
富山県の県民所得は高く、その根底にあるのが、
富山の薬売りに語り継がれるこの教え、とのこと。


まだまだこれについてコメントできませんね。
これはこのままで。  
タグ :田中真澄


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 16:44Comments(0)今日の哲学