グンブロ広告

ビジネスライセンス料  3,000円/月

飲食関連事業用 ライセンス 毎日1セット広告  1,600円/月

お問い合わせは、 info@gunmawen.net

本広告は、30日以上記事の更新がされませんと自動的に掲載されます。 記事が更新された時点で、自動的に破棄されます。  

Posted by 株式会社 群馬webコミュニケーション  at 

2010年10月14日

論語との対話

「子曰く、君子は食に飽くるを求むること無く、居に安きを求むること無し。
事に敏にして言に慎み、有道に就きて正す。学を好むと謂う可き(べき)のみ。」

<訳>
先生がおっしゃった。志ある人は、飽食せず、居る所に楽を求めない。
なすべきことはすぐ行い、言葉を慎み、でしゃばらない。
人の道をわきまえている優れた人に就いて教えを求め、自分を正す。
そういう人こそ「学びを好む人」だということができるのだ。


土光敏夫さんという経営者をご存知でしょうか。


昭和40年代に経営危機に見舞われた東芝を再建し、
その後、経団連会長になった方です。


「メザシの土光さん」と呼ばれたように、質素な生活で知られます。
メザシはイメージづくりのパフォーマンスだったという話もありますが、
暮らしは低く思いは高く、個人は質素に社会は豊かに、を実践された方です。



余談ですが、土光さんの座右の銘「日新」(常に今日を精一杯生きるといった意味か。)という言葉も、
論語とともに四書五経に数えられる『大学』に出てきますね。
私も好きな言葉です。



「事に敏にして言に慎み」という箇所は、耳が痛いですね。
思った時には行動している人間、そして、
言葉が重い人間を目指して努力と工夫を。  


Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 19:50Comments(0)高崎良知陶冶館