2010年05月14日

自我

滅私奉公とか、自我忘却とか、の用語は自我の実在性を前提とする用語であって、かかる用語を用いる者は、いまだ本物の人物とは呼び難い。
(飯塚毅 TKC会計人の基本理念<25項目>の20の解説より)


朝、事務所の研修で、皆で読み合わせをした時に、
確かにそうだな、フムフムと、読みながらニヤニヤしてしまった。


ということで、今週も楽しくいきましょう。



同じカテゴリー(東洋思想)の記事
 4月20日に林田明大先生の講演会を開催します (2012-04-09 09:41)
 商人の道 (2010-06-08 19:25)
 達磨寺のカレンダー (2010-06-02 09:34)
 自利トハ利他ヲイフ (2010-05-06 22:12)
 技と心 (2010-05-03 19:35)
 飯塚毅先生 (2010-04-28 22:09)

Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 09:12 │Comments(0)東洋思想

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


<?=$this->translate->_('削除')?>
自我
    コメント(0)