2010年06月29日

今日の哲学(2010.6.29)

士魂商才というのも同様の意義で、人間の世の中に立つには武士的精神の必要であることは無論であるが、しかし武士的精神のみに偏して商才というものがなければ、経済の上からも自滅を招くようになる
(中略)
それならば商才はどうかというに、商才も論語によって充分養えるというのである
道徳上の書物と商才とは何の関係がないようであるけれども、その商才というものも、もともと道徳を以て根底としたものであって、道徳と離れた不道徳、欺瞞、浮華、軽佻の商才は、いわゆる小才子、小悧口であって、決して真の商才ではない

(『論語と算盤』渋沢栄一)


ビジネスという言葉があまり好きでなく、
あえて商売という言葉を使っているが、
果たして両者は同義なのだろうか。


タグ :渋沢栄一

同じカテゴリー(今日の哲学)の記事画像
見えない壁によって囲まれた「閉じた空間」?
同じカテゴリー(今日の哲学)の記事
 久々に「今日の哲学」2010.9.21 (2010-09-21 23:26)
 「起業家の精神性」 (2010-08-19 21:56)
 再建の三大原理 (2010-08-17 21:28)
 七楽の教え (2010-08-09 16:44)
 見えない壁によって囲まれた「閉じた空間」? (2010-07-22 22:37)
 今日の哲学(2010.7.7) (2010-07-07 23:26)

Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 22:58 │Comments(0)今日の哲学

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


<?=$this->translate->_('削除')?>
今日の哲学(2010.6.29)
    コメント(0)