2010年05月10日

読書会

教育(education)の語源をご存知ですか。


「能力を引き出すこと」。


これを知った時も驚きました。
知識のインプットが教育だと思い込んでいた部分がありましたが、
むしろそれを媒介にアウトプットするものだったとは。


読書という行為も、知識のインプットだと思いがちですが、
本を媒介に自分の中に化学変化を起こし、
新しい行動基準をアウトプットするものとも言えます。


1年ちょっと前から毎月、読書会を開催しています。
予め課題本を読んで集まり、感想や意見を交換する集まりです。


今日は、読書会のインフォメーションをさせて下さい。


今月は記念すべき第1回の課題本であった、
『イヤな「仕事」もニッコリやれる陽明学』を再度読み直す、
という初の企画を行いたいと思います。



読む時の外部的・内部的な状況により、
本の感想は異なって来る、というのを体感しましょう!
(とはいえ、大半の方にとっては初めて読む本だと思いますが…。)


日時:平成21年5月17日(月)19時~21時
場所:山名八幡宮(群馬県高崎市山名町1581)(予定)
http://yamana8.net/index.html


<今回の課題本>
『イヤな「仕事」もニッコリやれる陽明学』
著者:林田明大
出版社:三五館




同じカテゴリー(教育)の記事画像
寺子屋の日程と会場
師
同じカテゴリー(教育)の記事
 本日、上毛新聞さんに掲載 (2010-09-29 13:23)
 なんで古典を学ぶの? (2010-09-16 19:35)
 寺子屋の日程と会場 (2010-09-14 16:47)
 寺子屋への道!2010.9.2 (2010-09-02 21:49)
 ついにリアル寺子屋!? (2010-08-31 21:49)
 敢為積極 (2010-06-14 23:06)

Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 23:07 │Comments(0)教育

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
読書会
    コメント(0)