2010年09月13日

人間学=脳トレ!?

先日に引き続き、同じ著者の本の話。


「脳は『論語』が好きだった」という切り口が面白かったので、
同じ著者の本を、愛用のアマゾン古本で購入。





いやー、面白いわ。(まだペラペラ読みだけど。)


脳外科医である著者が、神経疾患(うつ、自律神経失調)の患者に、
「人間学」の本を手渡したところ、薬より効果が認められた。
そこから始まった研究でわかったのは、
「人間学」の教えを実践することは究極の「脳トレ」である、
ということだった。


ポイントとなるのは、「公」と「志」。


私心にとらわれず「公」を考えることが脳に新しい回路を開き、
「志」を持つことがストレスを乗り越える脳を作る。


ちょっと明日のセミナーでは話せなくて残念だけど、
これからの活動に大いに参考になりそう。


また後日、レポートします!



同じカテゴリー(本の話)の記事画像
脳は『論語』が好きだった
情熱は運を引き寄せる
『<貧乏>のススメ』
同じカテゴリー(本の話)の記事
 脳は『論語』が好きだった (2010-09-11 22:19)
 自分の仕事をつくっている人 (2010-06-17 22:07)
 読書会報告『自分の仕事をつくる』 (2010-06-15 21:15)
 情熱は運を引き寄せる (2010-05-13 23:43)
 『<貧乏>のススメ』 (2010-04-27 20:27)

Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 18:18 │Comments(0)本の話

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


削除
人間学=脳トレ!?
    コメント(0)