2010年06月08日

商人の道

「商人の道」
農民は連帯感に生きる
商人は孤独を生甲斐にしなければならぬ 
總べては競争者である
農民は安定を求める
商人は不安定こそ利潤の源泉として
喜ばねばならぬ 
農民は安全を欲する
商人は冒険を望まねばならぬ
絶えず危険な世界を求めそこに
飛込まぬ商人は利子生活者であり
隠居であるにすぎぬ
農民は土着を喜ぶ 
大地に根を深くおろそうとする
商人は何処からでも養分を吸い上げ
られる浮草でなければならぬ
その故郷は住む所すべてである 
自分の墓所はこの全世界である
先祖伝来の土地などと云う商人は
一刻も早く算盤を捨てて鍬を取るべきである
石橋をたたいて歩いてはならぬ
人の作った道を用心して通るのは
女子供と老人の仕事である
我が歩む処そのものが道である
他人の道は自分の道でないと云う事が
商人の道である
 

 
セブン&アイグループの創業者、
伊藤雅俊さんの部屋に飾ってあるらしい言葉。


商人とはそういうものだと予め思っていれば、
どんなことが起こっても「そういうことね。」と思えるんじゃないかな。


タグ :名言

同じカテゴリー(東洋思想)の記事
 4月20日に林田明大先生の講演会を開催します (2012-04-09 09:41)
 達磨寺のカレンダー (2010-06-02 09:34)
 自我 (2010-05-14 09:12)
 自利トハ利他ヲイフ (2010-05-06 22:12)
 技と心 (2010-05-03 19:35)
 飯塚毅先生 (2010-04-28 22:09)

Posted by 高崎市の税理士 小澤昌人  at 19:25 │Comments(0)東洋思想

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。


<?=$this->translate->_('削除')?>
商人の道
    コメント(0)